会社情報
人財誘致による地方創生!夢は淡路にあり!

株式会社パソナグループ

かぶしきがいしゃぱそなぐるーぷ

  • サービス業観光業飲食業
  • 淡路市
タグ
社宅・社員寮あり食堂あり運動できる施設・設備ありインターンシップあり職場見学OK島外転勤なし教育制度あり時短勤務制度あり制服支給あり産休・育休あり研修制度ありフリーアドレスオフィス私服OK完全週休2日制ジョブローテーションあり育休取得率90%以上クラブ活動あり資格取得支援制度あり年間休日120日以上高年齢者雇用あり女性比率が高い平均勤続年数10年以上平均年齢30代企画力が活かせるみんなでわいわい作業ができるものづくりエンジニア語学力が活かせるクリエイティブ事務体を動かすのが好き営業商品開発接客手に職をつけるBtoC淡路島では知名度高し企業サイト・採用サイトあり企業SNSあり新商品・サービス開発に積極的多角的な事業展開BtoB

◆廃校をリノベーションした「のじまスコーラ」や、メディアアート&レストラン「ハローキティスマイル」などのレストラン・ショップ運営事業◆兵庫県立淡路島公園「ニジゲンノモリ」のテーマパーク及びホテル運営事業◆音楽・演劇などのエンターテイメント事業◆淡路島の自社地方創生事業の営業部門◆人事/広報/総務/経理/給与計算などの管理部門◆BPO事業(カスタマーセンター・デジタル営業など)

会社のこと、ねほりはほりインタビュー

コレがパソナ流の地方創生!

淡路島での活動の
目的と想いが明らかに!?

この方にお話を伺いました

淡路HR渡邊 直登

ここ最近、色々な施設の建設や本社機能移転など、淡路島の内外から本当にたくさんの注目を浴びているパソナグループですが、今回はじっくりお話を伺いたいと思います!

はい。ではまず我々の淡路島での事業の説明をしますね。現在パソナグループでは旅行会社と提携して、「淡路島西海岸」というコピーで開発を進めています。ご存知のとおり、海岸沿いのカフェや、ハローキティの世界を表現したレストラン、宿泊施設、そしてアニメや映画のキャラクターを使ったアトラクション施設を作りました。アクセスの良い京阪神エリアから、本当に毎年たくさんの方にお越しいただいています。

これは当社の地方創生事業の一環ですが、他にも農援隊(のうえんたい)という名前で活動している農業人材育成や農業ベンチャー支援、女性に特化した起業家育成プログラムでのサポート、観光や文化に関わる事業アイデアを募って地域の雇用創生と持続的発展に貢献したい人材の採用と、その新規事業立ち上げ支援などを行っています。このあたりは外からまだ見えやすいところかと思います。

最初の施設だった学校跡のレストランから、何年も経たないうちにずいぶん増えましたよね!それで、外から見えやすいということは、見えにくい仕事もあるんですね?

たぶん見えにくいだろうと。以前、様々な媒体で取り上げていただいたとおり、本社機能移転と社員1,200名の移住計画を発表してから、2021年5月の時点でおよそ400名が淡路島に移住予定です。それで何をしているかというと、当社のメイン事業である派遣業の労務管理などです。全国でおよそ32,100名(2020年6月時点)のパソナ登録スタッフを企業や行政に派遣していますが、その出退勤管理や給与計算ですね。その他にも経理業務、メール等を使ったデジタルの営業活動も行っています。

そして人材採用や労務に関するサービスを国内企業だけでなく海外10ヶ国以上にも展開していて、その中枢となるグローバル事業部もあり、海外出身者もたくさん勤務していますよ。

発表にあった1,200名というのは東京本社に勤務する社員の3割にあたりますが、2024年の5月に完了の予定で、現在のところ順調に推移しています。

そうなんですか!東浦にあるガラス張りのオフィスを外から眺めると、淡路島とは思えない異空間でたくさんの方がパソコンに向かっていますが……そんなことになってたんですね。

スーパーの跡地なのでバックヤードへの扉もそのままで、雰囲気ありますよ(笑)ちなみに上の住居フロアの一部は社宅になっていて、社員と家族合わせて40~50名ほどが住んでいます。小さな子供のいる社員も多いので、オフィスにキッズスペースも併設しています。

通勤時間ゼロでキッズスペースまであるのは羨ましいですね!ところで、なぜ淡路島で開発事業に取り組んだり、本社機能の移転をするのでしょうか?

これは創業からの話になりますが、40年以上前に代表の南部が事業を興したのは、家庭の主婦の再就職を応援したいという想いからです。その時から「社会の問題点を解決する」という企業理念を掲げ、年齢や性別を問わず誰もが好きな仕事を選択し、働く機会を得られる社会作りを目指してきました。

そして近年、地方で起こっている高齢化・過疎化・経済衰退という社会の問題点を解決するために、地域の経済を活性化させて雇用を生み、コミュニティを維持発展させる地方創生事業に取り組んでいます。そこで、代表の強い想い入れがあり、かつそういった社会の問題点を抱えている淡路島で地方創生に挑戦しています。

学校跡を活用したレストランから始まってカフェやパーク、宿泊施設を作り、サービス業を中心に経済活性と雇用創出を図ってきましたが、淡路島に本社機能を移転したことによって、オフィスワークという仕事も作ることができました。

ということは、淡路島でオフィスワークの人材もどんどん増やしていくということですか?

もちろんです。2020年度に採用した新卒も60名ほど淡路島に配属になりましたが、半数が施設などのサービス業で、残りの半数は先ほど話した派遣の方の出退勤管理や給与計算、経理や営業、そして今後増えていく淡路島の社員の相談役にもなる人事といった事務系のオフィスワークです。

淡路島内でサービスとオフィス間の異動もあって、レストランやカフェの店長業務で経験する、お客様に喜んでいただくための工夫の積み重ねが、社員の悩みを聞く人事の仕事に活かされることもあります。

パソナグループの仕事は、社会の問題点を解決する事業を通して人間力を育み、人を活かすことです。希望すれば色々な経験ができますし、社内ベンチャーという挑戦もできます。代表の南部はとても気さくな人物で社員との距離が近く、もう住民票も淡路島に移していて1年の7~8割は淡路島にいます。オフィス内を歩いていることも多いので、「自分はこういうことをしてみたい」と直接話すこともできるんです。

60名が配属されたとおっしゃいましたが、淡路島で働きたくないという人はいませんでしたか?都会に憧れてパソナグループに入社したのに、淡路島だと地元と同じ風景!とか。

「淡路島に配属される人もいるという噂は聞いていたが、まさか自分がそうなるとは全く想像しなかった」という声もあります。でも当社に入社したのは、「社会の問題点を解決する」という企業理念を理解し、そしてそのためには何でもやるという経営姿勢に共感してくれた人ばかりです。

色々な制度を用意して淡路島で仕事や生活をする上での不便も可能な限りなくし、より快適に過ごせるようにしていますし、私のような人事担当が淡路島を常に巡回しているので、いつでも悩み相談ができます。

大事なのは場所ではなく、当社で何をやるかです。

うーん、世間では派手な部分が注目されがちですが、根底にはそういう想いがあったんですね。淡路島での働き方も、今後ますます可能性が広がりそうですね!

そのあたりの発信がまだ弱くて、みなさんにお伝えできていないことが多いのも課題です(汗)ですが当社は、メスを入れるべき社会の問題がそこにあったなら、例えビジネス性が見込めないようであっても積極的に取り組んでいきます。継続するには収益性も必要ですが、それはやりながら考えます。まず取り組んでみて、一人一人が必死に知恵を絞って成功や失敗を繰り返しながら成長し、やがて収益性を出すことで継続させ、そうやって社会の問題点を解決できる人材をより多く生み出していきたいですね。

今、ここに書ききれないくらい様々な想いを抱いた人材が淡路島に集まっていて、それぞれが果敢に挑戦する日々を送っています。中には、レストランやカフェの野菜を作っている農援隊に刺激を受けた農業ベンチャー志望や、ペンションで起業を目指す社員もいます。色々な仕事を用意しているので、それぞれが自分の目指す道を究めることができます。

東京本社からの配属だけでなく地元からの採用もどんどん進めていきますので、ぜひ一度、社員の生の声を聞きに来てみてください!

外からだけではなかなか知ることのできない、想いや取り組みを秘めたパソナグループ。社会の問題点を解決することを目的とし、そこに集まる様々な想いを受け止めることのできる、幅広い選択肢。社会に貢献したいと考える人は、一度現地でその熱い想いに触れてみてはいかがでしょうか!

ホンネで教えて、社員さん!

淡路HR

岸本さんに
一問一答

会社の好きなところはどこ?
人のことを想って行動ができるところですね。説明会を聞きに行った際に企業理念や創業当時の話を聞いて、困っている人のためにすぐ行動する代表の南部に惹かれました。また、私が就職活動中に悩みがあった時、人事や大学のOBが真剣に相談に乗ってくださったことがあり、パソナグループの社員は思いやりのある人たちで溢れている素敵な会社だと魅了されました。
入社前後で変わったところ(会社の印象)は?
上司との距離の近さや他部署との交流が多く驚きました。私の部署は私以外に部長と副部長だけしかいない組織です。それでも全く苦に感じず、いつも優しくときには厳しくご指導いただけているため、毎日楽しくイキイキと仕事をしています。
仕事のおもしろさって?
たくさんの人と関われるところです。お客様、地元の方々、社員、アルバイトスタッフ、学生など多くの方と関わる仕事をしているため、人間観察や人と話すことが好きな私にとってはこれからも楽しくできる仕事だと感じています。
今後挑戦したいことは?
今後はマネジメントスキルを身につけていきたいです。
淡路島には今より多くの若手社員が入社してくるため、淡路HRとして求められていることは何なのか、後輩が今どういう業務を行っていて困っていることはないかなど、視野を広げて仕事をしていきたいです。
どうして淡路島の会社を選んだの?
地方の問題となっている、東京一極集中による若者の減少や空き家が多くなってきている点に問題視していたところ、パソナグループが淡路島で地方創生事業を行っていると知り、自分も地方を盛り上げる一員になりたい思い淡路島での仕事を選択しました。
淡路島で大好きな場所はある?
西浦(西海岸)のサンセットロードです。
プライベートの過ごし方は?
家の近くの海やカフェに行き、ゆっくり過ごしています。
他には、実家が兵庫県なのでたまに淡路島産の野菜を買って実家に帰ることもあります。
求職者へ一言!
地域の方々と一緒に淡路島をより発展させていきたいと思っていますので、同じ気持ちを持つ方々はぜひパソナグループの一員になっていただきたいです。
また、パソナグループは淡路島で何をしているの?これから淡路島をどうしていくつもりなの?と疑問を持っていらっしゃる方はぜひ企業説明会や淡路島の施設やオフィスにお越しいただけたらと思います!喜んでご案内いたします!

わが社のシーン集めました

  • お母さんも安心!オフィスの隣にキッズスペース
  • 海沿いオフィスで気持ちの良い仕事を
  • 看板娘?!アルパカのラアルくん
  • 起床3秒で海がみえる社員寮!
  • 健康第一!ストレス発散~!
  • 仕事の合間に英会話レッスン♪
  • 子供の音楽レッスンも♪
  • 太鼓で淡路島をもっと笑顔に♪
  • 朝はパソナ体操から♪

会社早わかりデータ

  • 誇れる数字

    31.1

    パソナグループでは役員・執行役員に占める女性の割合が31.1%(2018年の上場企業の役員に占める女性の割合は4.1%)女性社員の割合も6割であり女性の活躍度が高いのが特徴です。
  • 会社を動物で表すと

    ファーストペンギン

    1976年の創業以来、女性の社会進出を推進したり一部の本社機能を淡路島に移転することなど先駆者として常に新しい働き方を創造しています。
  • 従業員数

    19,588

  • 平均勤続年数

    10.8

  • 男女比

    男性
    39%
    女性
    61%

  • 会社の自慢

    うちの会社は淡路島で1番
    新しいことにチャレンジする
    会社です

    パソナグループは「雇用創造」を掲げこれまでに淡路島での農業人材の育成や島の魅力を発信する観光施設にも力を入れ、淡路島は新規事業を世に打ち出す拠点となっています。さらに2020年9月に東京の本部機能一部移転が発表され、これまでよりも幅広い職種が淡路島で展開されます。常に新しいことにチャレンジしていくことが会社の大きな自慢です。
  • おもしろ制度・取り組み

    福利厚生制度:ベネフィット・ステーション
    グループ会社の株式会社ベネフィット・ワンが運営する日本最大規模の福利厚生サービスを利用できます。海外を含む宿泊施設や飲食店、スポーツクラブ、レジャー施設など、約100万件のサービスが特別価格で利用できその他、自己啓発のための各種スクール、育児や介護のサービスなど、多彩な福利厚生メニューを用意しています。
  • 今後の野望

    これまではアニメやウェルネス/食/農業などをしてきましたが、これらを継続しつつIT化・デジタル時代に対応するための企業の変革、また様々な技術を掛け合わせて新しい社会を淡路島でつくり、様々な事業をやっていきます。パソナグループは夢や才能を持つ人々にとってイキイキと働ける仕事を淡路島に創り、働く一人一人が心身ともに豊かな暮らしや仕事ができる「Smart Life」を実現していきます。

代表者ってこんな人

上場企業の先陣を切って地方移転を実践!

代表取締役グループ代表南部 靖之

誕生日 1952年01月05日
血液型 非公開
出身高校 非公開
出身大学 関西大学
趣味 非公開
宝物 非公開
好きな映画 非公開
座右の銘・
好きな言葉
迷ったらやる

若手職員のからのメッセージ

  • 会社の好きなところは?

    会社の好きなところはとにかく人が温かいことです。自分の時間を割いてでも丁寧に仕事を教えてくださり、プライベートでも年次関係無く、スポーツ大会をしたりBBQを開催したりと仲が良いです。さらに淡路島は特に若手が活躍している場所なので、意見を発信しやすい環境があるのも魅力的なところです!

    HR本部 男性

会社概要

所在地 〒656-2306 淡路市夢舞台2番地 展望テラス
代表電話番号 050-3684-4245
創業・創立 1976年
資本金 500,000万円
売上高 2020年5月期 3,250億万円
2019年5月期 3,270億万円
2018年5月期 3,114億万円

勤務条件

給与
  • 大卒:205,000円
  • 短大卒:205,000円
  • 専門卒:180,000円
昇給 年1回(6月)
賞与 年2回
諸手当

役職・役割・営業・時間外・通勤・家族・単身赴任ほか

勤務地 淡路島
勤務時間 9:00~17:30 (実働7時間30分)
休暇
  • 年間休日:122日
  • 休日:完全週休2日制
  • 有給休暇:初年度11日・3年目16日
  • レストラン・テーマパーク・ホテル運営業務は異なる勤務時間/休暇となります
福利厚生

■保険/健康、厚生年金、労災、雇用、団体傷害、団体生命

■制度/財形貯蓄、各種融資、持株会、チャレンジ週間

■パソナカフェテリアプラン/マイホームサポート(住宅)、ブラッシュアップサポート(自己啓発)、ファミリーケアサポート(介護・育児)、リフレッシュサポート(余暇)、マネープランサポート(貯蓄)等
※年間取得ポイント:120P(12万円相当)

■施設/社員寮

■その他/グループ会社ベネフィットワン(福利厚生アウトソーシング会社)会員。宿泊施設2,000ヶ所(海外含む)をはじめとして、スポーツクラブ、ビジネススクール、レジャー等多彩な福利厚生メニューが利用可能

免許 特になし
定年 60歳まで(再雇用制度有 65歳まで)

採用情報

担当課名 淡路HR
直通電話番号 050-3684-4245
メールアドレス awaji-ha@pasonagroup.co.jp
入社後の流れ

■内定者研修
「入社までに人材ビジネスのセミプロフェッショナルになる」を目指し、雇用を取り巻く環境や問題を先輩社員から学びながら、新たな新規雇用インフラの提案を行う。

■入社前ビジネスマナー研修
新入社員の良きメンターとして先輩社員をインストラクターに迎え、信頼され安心感のもたれるプロの企業人をめざし、ビジネスマナーを習得するとともに、パソナグループのホスピタリティーを学ぶ。

■新卒入社時研修
3ヶ月の研修期間の中で、営業をはじめ、人事や経理といった管理部門でのOJT研修や、兵庫県淡路島で地方創生・文化創造事業の実践など、さまざまな事業分野を体験する。

みなさんのご応募、お待ちしています!

Top